真正包茎は早漏、短小になる?

亀頭が包皮に包まれている状態を包茎といいます。
包茎には、勃起時や平常時でも手で剥くことで亀頭が露出する仮性包茎と勃起時でも亀頭が包皮で完全に包まれていて、手で剥くこともできない真性包茎があります。
真性包茎では様々な問題が生じます。
まず、勃起時に亀頭が締め付けられて痛みを感じることがあります。
また、真正包茎は早漏、短小になりやすい傾向があります。
普段から亀頭が露出していれば外部からの刺激にもある程度は慣れますが、真性包茎の方はは常に亀頭が包皮に包まれているので刺激に耐性が無く、早漏になってしまいます。
また、通常は第二次性徴期に陰茎海綿体が発達してペニスの皮がむけるので、成長が阻害されることなくペニスは大きくなりますが、真性包茎の方は包皮に成長を阻害されてしまうので短小になってしまいます。
以上のことから、充実した性生活を送るためには、真性包茎の方はできるだけ早めに手術を受ける必要があります。
また、仮性包茎の方も真性包茎の方ほどではありませんが早漏、短小になりやすい傾向があります。
また、衛生的な問題もあり、亀頭炎や包皮炎などにもなりやすくなります。
ですので、仮性包茎の方も手術を検討してみる必要はあります。